事業者に対する義務の人つ、青色申告とは何か?

サラリーマンの場合には会社が税金の計算をしてくれるので確定申告を行うケースは少ないですよね。仮にあったとしても医療費控除や住宅控除などが中心になるので確定申告を毎年行いません。しかし、事業者は日々の取引内容を帳簿に記録、その結果を確定申告書に記載を行って確定申告が必須になります。確定申告には青色申告と白色申告の2つがありますが、青色申告は手間がかかるものの、節税効果が高く、白色申告は手間がかかりませんが節税効果は少ないと言われています。

手間はかかるけれども節税効果があるのでお得

青色申告による確定申告は、帳簿つけ、事前届け出などが必要になります。申告を行う時の作成書類としては所得税青色申告決算書と確定申告Bの2つを用意し、必要事項を記載の上、税務署に提出と言った流れになります。青色申告には単式簿記と複式簿記のどちらでも申告が出来るのですが、種類を選択すると課税対象額からの控除額が単式簿記では10万円、複式簿記の場合では65万円になるなど、節税効果に大きな金額の差が生じると言った特徴がありますよ。

単式簿記と複式簿記の違いは?

青色申告の場合には単式簿記と複式簿記を選択出来るのですが、複式簿記による申告の場合、経理や会計の知識がある程度必要であり、初心者が複式簿記の申告を行った時、ミスが出てしまうケースもあります。ミスが出てしまうと追徴課税がかかって来るケースもあり、節税出来るはずの納税額が増えてしまうと言う事もあるのです。単式簿記での課税対象額からの控除額は10万円になりますが、単式簿記での青色申告を行う方が初心者に向いているとも言います。

青色申告は、事業を営んでいる人が所得を申告する制度です。白色申告よりも必要経費として認められる科目数・金額や控除金額が多いため、節税効果を期待できます。