太陽の光エネルギーは再生可能エネルギー

太陽光発電のエネルギーは限りの無い太陽エネルギーであり、再生可能エネルギーと言われています。再生可能と言うのは太陽の光エネルギーはソーラーパネルを使う事で電気エネルギーに変換する事が出来るからで、電気エネルギーに変換する事で生活の中で利用する家電品や照明器具などに活用する事が出来るようになります。また、余剰電力は電力会社に売ることで住居内の電気の節約、電気代を減らす効果を期待する事が出来ると言う事です。

住居の環境に応じて発電量は異なります

太陽光発電は太陽の光をソーラーパネルが受ける事で発電する仕組みになっているため、太陽の光が充分に注がれることでより多くの電気を発電する事が出来るようになります。太陽光発電には発電効率と呼ばれている電気量をどれだけ得る事が出来るかを示す割合がありますが、太陽の光が100とした時、そのまま電気として発電出来る割合が発電効率であり、一般的には南向きの屋根、傾斜角度が30度の時に100と言う電気を発電する事が出来ると言われています。

発電効率が高い住宅環境とは

屋根の角度が30度、方角が南に向いている事で発電効率は高くなりますが、こうした環境が無ければ発電が出来ないわけではなく、発電量が低下すると言う事です。屋根の上に設置するソーラーパネルは太陽の光を受ける事で発電する仕組みになっており、太陽光発電システムを設置する時には発電量がどのくらいになるのかを計算して行う事になるため、方角が南南東に向いている、屋根の傾斜角度が20度と言った場合でも発電する事が出来るのでご安心下さい。

太陽光発電の価格は、特に消費者の需要や電力会社の方針などにより、定期的に大きく変動することがあります。